大野倶楽部とは?

自然の中で、農畜産業を中心に営みながら人々が暮らしている大野台地。しかし、近年の少子高齢化と、それに伴う耕作放棄地の増加などで、今後、地域が衰退することが心配されています。そこで、大野台地の将来を考え、地域おこしをしようと、平成18年に住民の有志が集まってき大野倶楽部を結成。先人が作り上げてきた豊かな土地を守り、子どもたちに伝え、集落が永続していくことを目指して活動を行っています。

毎月1回の会合を行い、「大野台地の住民のむつみを大切に」を基本に活動しています。

●大野台地のPR・情報発信

県内のイベントに出店し、米や赤牛の串焼き、女性部が作る寿司など地元の味を販売しながら大野台地をPRしています。

土佐ふるさとまつりの写真
RKCふるさとまつり

海山なんでも新鮮市の写真
海山なんでも新鮮市

田野町産業祭の写真
田野町産業まつり

●地域外との交流

大野台地の暮らしや魅力を地域の外の人に知ってもらおうと、農畜産業体験の受け入れや、大野台地の食材を使った料理を囲んでの交流会などを行っています。これまで、高知大学生の農業体験や田野小学校の課外授業、稲田塾(奈良県)の塾生の体験合宿、ウオーキングイベントのなどを受け入れてきました。

ジャガイモ収穫体験の写真
カレーなるジャガイモ収穫体験

稲田塾体験合宿の写真
稲田塾体験合宿

大学生との交流をしている写真
大学生との交流

●休耕田を活用した農産物づくり

イベント等で販売し、活動資金を得ようと、休耕田を利用して米を育てています。

耕起をしている写真
耕起

田植えをしている写真
田植え

稲刈りをしている写真
稲刈り

●大野台地の住民が楽しめる活動

地元住民に楽しんでもらおうと、毎年8月14日に開催される「大野台地盆踊り」で屋台料理を販売し、年末には、餅をついて住民に振る舞っています。また、地域の花スポットを作ろうと、大野集会所前の休耕田1反部でコスモスを栽培しています。

大野台地盆踊りで屋台料理を販売している写真
大野台地盆踊り

餅つきをしている写真
餅つき

コスモスの種まきをしている写真
コスモスの種まき

大野集会所(大野倶楽部)

キッチン、トイレ、風呂に座敷を備えた大野地区の交流施設。大野倶楽部の会合や、大野台地での研修、交流イベント会場などに利用しています。集会所から南へ3分ほど歩くと太平洋が目下に広がって景色抜群です。

大野集会所の写真

平成23年3月5日 ごめん・なはり線サントリー・プレミアム・サンセットバーの受け入れ
平成22年5月16日 カレーなるジャガイモ収穫体験イベントの実施
平成22年4月24日 ごめん・なはり線沿線ウオーキングの受け入れ
平成22年3月6日 ごめん・なはり線サントリー・プレミアム・サンセットバーの受け入れ
平成21年12月6日 学校PTA体験学習の受け入れ
平成21年3月7日 ごめん・なはり線サントリー・プレミアム・サンセットバーの受け入れ
平成20年12月6日 ごめん・なはり線沿線ウオーキングの受け入れ
平成20年9月26日~9月28日 第3回高知大学教育学部との交流
平成19年10月20日 ごめん・なはり線沿線ウオーキングの受け入れ
平成19年10月14日 安芸広域モニターツアーの受け入れ
平成19年9月28日~9月30日 第2回高知大学教育学部との交流
平成19年7月23日 稲田塾(奈良県)体験合宿の受け入れ
平成19年7月10日 田野小学校課外授業受け入れ
平成19年6月16日 交流事業同窓会
平成18年9月29日~10月1日 第1回高知大学教育学部との交流
平成18年6月 「大野倶楽部女性部」結成
平成18年2月 「大野倶楽部」結成